交通事故示談ナビ
HOME > 交通事故示談Q&A > 強制保険と任意保険の違いはなんですか?

交通事故示談Q&A

Q. 強制保険と任意保険の違いはなんですか?

Q.:強制保険と任意保険の違いはなんですか?

A:強制保険と呼ばれる自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、自動車の所有者が人身事故を起こしたとき被害者に損害賠償を支払うことを義務付けるもので、被害者の救済を目的としています。自動車損害賠償保障法という法律で自動車の所有者は加入が義務付けられており、人身事故のみに適用されます。一般に「強制保険」と呼ばれているとおり、原動機つき自転車を含む全ての車両に加入が義務付けられています。車に乗る際には、自賠責保険の証明書を必ず所持している必要があります。

任意保険とは自動車の保有者や運転者が任意に加入する保険であり、強制加入ではありません。自賠責保険と比べて幅広い自動車事故に対応することができます。加入者が保険のグレードを選択できるため、支払上限額は自賠責保険と違って加害者の契約した補償額が被害者に支払われることとなります。対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害補償、車両補償などがあり、保険金の支払い基準は各保険会社が独自に定めています。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 交通事故示談ナビ
示談手続きの流れ

Y-sch

交通事故示談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
示談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 交通事故示談ナビ
新着情報