交通事故示談ナビ
HOME > 交通事故示談Q&A > 車を停止中に追突されたのに、修理代が全額でないことがあるのですか

交通事故示談Q&A

Q. 車を停止中に追突されたのに、修理代が全額でないことがあるのですか

Q:車を停止中に追突されたのに、修理代が全額でないことがあるのですか?

A:車の修理費用は、その車の時価額を上回ると基本的に「全損」の扱いとなり、車の評価額までしか保険で填補(てんぽ)されないことになります。
具体例として、時価評価額が20万円の車では、車が全損で100万円かかる場合でも補償額は20万円となります。例外的に、希少価値のある車で中古車市場での取引額が高い場合は
補償額が高くなることもあります。なお、10年以上経った車で、市場価格が不明で希少価値もない場合は、新車当時の価格の一割程度が目安の時価額となります。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 交通事故示談ナビ
示談手続きの流れ

Y-sch

交通事故示談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
示談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 交通事故示談ナビ
新着情報