交通事故示談ナビ
HOME > 交通事故示談関連ニュース > 天草市ひき逃げ死亡事件から半年 「名乗り出て罪償って」 犠牲の市職員両親が訴え

交通事故示談関連ニュース

・ 天草市ひき逃げ死亡事件から半年 「名乗り出て罪償って」 犠牲の市職員両親が訴え

報道によると、 天草市で5月に市職員山切大輔さん=当時(27)=がひき逃げされ、死亡した事件から半年が過ぎた。遺留品や目撃情報は少なく、犯人はまだ見つかっていない。父親の征利(ゆきとし)さん(71)と母親の野江子さん(62)は「犯人は自ら名乗り出て、罪を償ってほしい」と訴えている。

 天草署によると、山切さんは5月7日午前3時すぎ、同市亀場町の県道の路肩に倒れた状態で見つかった。

 近くの横断歩道から約60メートルにわたって引きずられた跡があることなどから、同署はひき逃げ事件として捜査。「事故直後に白っぽい軽乗用車が現場に止まっていた」との目撃情報を基に、これまで天草地域を中心に1600台を超える車を調べた。

 だが、ライトの破片や塗料片などの遺留品がほとんどなく、交通量が少ない未明で目撃情報も限られ、捜査は難航している。

 半年を振り返り、野江子さんは「今の方がつらい」とこぼす。事件直後は葬儀などでずっと忙しい状態だった。初盆が終わり、一段落した途端に「やっぱり息子はいないんだ」と思い、つらくなるという。

 7月には山切さんの第1子の長女が誕生した。征利さんは「子どもができると喜んでいたのに、抱くこともできなかった。何も言えずに逝ってしまった」と無念さをかみしめる。

 両親と山切さんの友人や同僚は19日、市内のショッピングセンターで犯人逮捕につながる情報提供を呼び掛けるチラシ約千枚を配った。征利さんは「犯人も精神的にきついと思う。早く出てきてほしい」と話している。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 交通事故示談ナビ
示談手続きの流れ

Y-sch
交通事故示談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
示談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 交通事故示談ナビ
新着情報